霞ヶ関で国産ワリバシを使いましょう!

田中淳夫さんのブログより転載します。

ジャパンフォレストの大活躍が書かれています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2012/05/17

突撃! 林野庁の昼ご飯

昨日は、深夜に帰宅して、ぎりぎりプログを更新するのがやっとであった。

で、改めて「割り箸大会」の様子を記すと、ようするに話題は霞が関・農水省の地下のレストランでは、樹脂箸ばかり使っているという話になったのである。

以前から、このブログでも取り上げているように、なぜ木づかい運動を行っている林野庁のお膝元で国産割り箸を使わないのか、業者に使わせないのか、というのがテーマであった。
http://ikoma.cocolog-nifty.com/moritoinaka/2010/08/post-1ce3.html

※このように状況を説明しているブログもあります。
http://mokuiku.exblog.jp/13137640/

 

そこで明日は林野庁を訪ねよう、ということになったわけ。で、私も成り行きで参加することに(^^;)。

でも、単に木材利用課(一応、ここが割り箸などの窓口になるらしい)を訪問するだけじゃ面白くない。ご意見拝聴しました、で終わるに違いない。どうせなら林政部長のレベルまで訪ねよう、と提案。ちなみに、私はまだ面識ないのだけどね。

もちろん、アポは入れていない。が、なんと割り箸大会参加者の中に林野庁職員がいたのである。うまくできてるなあ(^o^)。とんとん拍子じゃないか。
とりあえず朝イチで打診しておきます、ということになった。

参加者は5人。ジャパンフォーレストの二人と木づかいビジネス協議会のただっち理事と、なぜかパンダの被りものを頭に乗せた某大規模森林所有会社の熊●さん、そして私。とにかく数多い方がいいや。って圧力団体みたいだけど、割り箸への熱心さが伝わるだろう。みんな、熱い目で眺めるのだよ。

翌日午前10時に訪問したら、打診したところ皆川芳嗣林野庁長官が会うということになりました……とのこと。あらら。密かに狙っていたが、とんとん拍子じゃないか。

長官室に通され、末松広行林政部長も同席。いきなり割り箸会談!となったのである。(もっとも、私は極力話さないようにした。熱く語る役は、ほかにお任せです。)

まず衆参議員会館の寿司屋に国産割り箸を採用してもらった経緯を伝える。そして林野庁の皆々様も、この店に押しかけ、割り箸をほめるようにお願いする。そうした反響が、店の意識を変えるのだ。

また2009年の木づかい月間のボスター(割り箸をアレンジしたもの。期間限定もので、著作権なども絡む)http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/riyou/img/090930-04.jpgを、使わせてもらう承認もいただく。ちなみに、このポスターのデザインの担当者は、割り箸大会に参加していたのだよ。もう、役者が揃いスギている。

すると「農水省の食堂にも割り箸を入れないといけないな」と長官。

しめた! この言葉を逃さない(笑)。まさに、この件を訴えに来たのですよ。

と、熱く国産割り箸を食堂に採用させる要望を伝える。とんとん拍子じゃないか(^o^)。

さっそく長官から同意を得た。ただ、実際には食堂経営者に強制できるわけではないから、いかなる手続きを踏むか、入札条件に加えるか……という技術論へ。

見通しは極めて明るくなった。ふふふ。今後がみもの。いつ国産割り箸が採用されるか、要チェックだ。しつこく見守ろう。

さらに長官自ら小学校に課外授業に訪れて森林・林業について語っているという話から、木育へと進み、ジャパン・フォーレストでつくっている「47都道府県クイズ箸セット」を紹介すると、即採用。それを使って課外授業をすることに。各都道府県の樹や花、鳥、動物、魚などシンボルをクイズ形式で紹介したセットである。とんとん拍子じゃないか。

さあ、掲載を断った奈良県、鹿児島県、沖縄県はどうする?

ともあれ、最後は長官室に陳列してあったオビスギの作品やポスターを手に、記念撮影。なんで、飫肥杉? う~ん、宮崎勢も営業熱心だ。(写真は、後日)

また、長官も、自ら広告塔の役割を担っておられることを自覚されている。

とにかくバタバタと短時間に、こちらが抱えてきた要望をクリア。

 

そして、昼食は、やはり農水省地下の食堂へ。入ったのは、農林水産省職員第五食堂 レストラン和幸。

この店を選んだのは、まったくの偶然なのだが、驚いたことに使っている割り箸(割り箸を使っていることにも驚いたが)は、なんと国産であった。

産地や納入ルートはわからないがヒノキと書かれてある。いやあ、幸先よし。

なんでもかんでも、とんとん拍子じゃないか。

ミッション終了だ\(^o^)/。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ポスターを使わせて頂けるというのが、私としては大変嬉しいですね。

やはり、トップに訴えないと問題の解決がうまく進まないですね、この国は。

ジャパンフォレスト(株)の活躍が、マスコミに取り上げられる日を首を長くしてお待ちしております。

 

↓イワナシです。

 

 

 

 

カテゴリー: 2012年5月, 食卓エンタ   パーマリンク

霞ヶ関で国産ワリバシを使いましょう! への8件のコメント

  1. 高桑の殿 より:

    ちなみに、皆川 芳嗣(みながわ よしつぐ) さんの経歴は、次の通りです。

    林野庁長官:昭和52年東大経済学部卒、農林省入省。
    総合食料局食糧部長、林野庁次長、農村振興局次長、関東農政局長を経て、平成22年7月30日から現職。福岡県出身。

  2. 高桑の殿 より:

    昨年の国際森林年に皆川長官が述べた事を、改めて見てみよう。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    特集:「国際森林年」と東日本大震災 復興に木材活用しよう 皆川・林野庁長官に聞く   (毎日新聞 2011年09月24日 東京朝刊)

     「国際森林年」と東日本大震災について、林野庁の皆川芳嗣長官に聞いた。
    【聞き手・小野博宣】

     −−国際森林年が始まり、9カ月が経過しました。改めてその意義を教えてください。
     ◆この半年は、東日本大震災に全力で対応してきました。復興は緒についたばかりですが、国際森林年の活動も本格化させなければなりません。国際森林年は、国民の方々に森林の持つ価値、役割をご理解いただくということですし、皆さんにも具体的なアクションをお願いしたいと思います。

     −−今後の取り組みについて教えてください。
     ◆植えた木を育て、育った木を切って、また植えて次の世代につないでいかないといけません。木材は森の恵みであり、光合成を重ねてきたCO2(二酸化炭素)の貴重な固まりです。それを大事に使いたい。木材を使っていただく運動は、森を大事にするということです。木造の建築物の価値をもう一度考えていくため、建築士の皆さんにも参加していただく会議を計画しています。森が循環して持続していくためには、木材を利用することが大事です。使っていくことで初めて循環が成立するということを訴えたい。

     −−この夏は「木のうちわ大作戦」を展開されたとか。
     ◆はい。間伐材で作ったうちわを私も使っています。暑い時期を間伐材のうちわで乗り切ろうと、国会議員や職員の皆さんに「うちわを買いませんか」とお願いしました。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    夏限定の活動である「木のうちわ」もいいですが、間伐材の利用を進めるならば国産の割り箸の普及活動の方が宣伝効果は大きいですよ、と言いたいですね。

  3. 高桑の殿 より:

     財政当局との本格的折衝も初めて経験しました。2000億円に及ぶ予算の原案を担当主査と徹夜して詰めたことがありました。双方とも上司に上げて原案がほとんど修正されなかったことで祝杯を上げたものです。企画課時代には仕事を背負うことを学びました。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    おお、なんと皆川さんは福島県出身でした!!
    震災の復興に力が入るはずですね!
    今後の活躍を、心より期待します。

    【経歴】みながわ・よしつぐ
     福島県出身。東京都立小山台高、東大経卒。78年農林省入省。大臣官房政策評価審議官、総合食料局食糧部長、林野庁次長、農村振興局次長、関東農政局長などを経て10年7月から現職。

  4. 夕顔でございます。 より:

    そうなんです。田中淳夫様のお陰でなにもかもトントン拍子でした。ありがたいことです。
    「割り箸大会」に出席されたすべての方にこころより感謝しております。

    PS
     皆川長官はとてもnice lookingで、あたたかい感じの方でした。

  5. 夕顔でございます。 より:

    殿、イワナシの実は食したら梨の味がするのですか?

    木のような佇まいなのに、草みたいに生えているのですね。このような植物は初めて観ました。こんなめずらしい植物をぜんぶ集めて庭をつくったら愉しいでしょうね。

  6. takakuwanotonoより より:

    夕顔様

    そのとおり、梨の味がします。
    地球上で、日本と北アメリカの東海岸しか生育していない植物です。
    5大大陸がゴンドワナ大陸と呼ばれて一つだった時から生きていて、分離した後でも生きている植物です。
    崩れている場所とかガレ場など、岩の多いところに生育しているので、ロックガーデンにすればいいかも。
    ですが、やはり自然環境で楽しみましょう。

  7. takakuwanotonoより より:

    「割り箸大会」とは、何ですか?
    お教えくだされ。

    • 夕顔でございます。 より:

      割り箸を部屋中にずらりと並べて品評会・・・・・というのはウソでございます。
      わたくしも源典侍さまもどのようなことをするのかと不思議に思って参加してみましたら、田中淳夫さまが「森林のことにたずさわる様々な機関の方たち」と交流
      (飲・み・会)する場でございました。

      殿がお気に入りのポスターのデザイナーさまも居られたのですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>