広告付き箸袋+間伐材割り箸=食卓エンタ

ネーミングの意味は?

食卓エンタは"食卓エンターテイメント"の略称です。
広告入り箸袋や箸置付き箸袋(実用新案登録 3149351号)に国産間伐材の
割り箸をセットした商品で「食卓を楽しくしよう!」という思いを込めて
ネーミングしました。

「食卓エンタ」事業とは?

この事業の目標は、
国産間伐材の割りばしの活用で 林業の活性化と森林の再生を推進することです。
『割りばしの使用はもったいない!!』という認識は、間違いです。
割りばしの使用は森林破壊ではありません!まったく、逆です!日本の森林に生育する杉や桧で安全で安心できる割りばしを作り、どんどん使うことが日本の森林の再生(二酸化炭素の削減)に繋がります。外国からわざわざ輸入することが一番の問題です。割りばしに限らず、地球環境問題は正しい理解が必要です。

年間使用割りばし:約190億膳。内、輸入割りばし98%以上なのです。

「国産材割り箸」を「外国産割り箸」よりも安く使えます!!

ここ数年、割りばしを『樹脂箸』に替えるところが増えていますが、洗浄のための水道料金、洗剤の使用、乾燥のための電気代、さらには人件費等を経費に入れると、本当に割りばし一膳よりも『樹脂箸』一膳の単価は安いのでしょうか? 洗浄済みの使い回し箸は、本当に安全ですか? 世界的には、使い回しの食器は衛生的でないと言われています。また、女性客は使い回しの箸を使用する店よりは、衛生的な割りばしを使うお店を選ぶ傾向があることをご存知ですか? 本当は、割りばしを使う店のほうが、衛生的で繁盛するのです。

しかし、現実には「国産の割り箸」は「外国産の割り箸」に比べて割高です。
⇒この問題を解決したのが『食卓エンタ』事業です!!
また、使用済の割りばしは廃棄物ではありません。
回収して製紙会社に送れば、
紙に再生したり、簡易燃料にもできます。
最近では地域で炭にする活動もあります。
これが、私たちがめざす『わりばし一膳の革命』です。

割り箸の実態を知りたい人は・・・
フリージャーナリスト・田中淳夫さんの
「割り箸はもったいない?—食卓からみた森林問題」(ちくま新書)
ぜひお読み下さい。割り箸の事はもちろん、身近な木材のことや海外の森林問題のことなどもわかりやすく書かれています。
なぜ、間伐材の割りばしなの?
エコの時代に、割りばしなんて!と思っていらっしゃいませんか?
食卓エンタでは、間伐のために不要になった木材を使用しているので、豊かな森林を育てるために貢献できる事業なのです。
間伐について、詳しくは、全国森林組合連合会サイトをご覧下さい。

食卓エンタの人気商品
【源氏物語 オリジナル祝い箸セット「姫ごよみ」】はコチラ
(STORES.jp ジャパンフォーレストonlinestore)

食卓エンタ箸袋

箸袋イメージ
箸袋イメージ 箸袋に印刷されるメッセージ(クリックで拡大)

なぜ割りばしなの?

「エコの時代に、
    割りばしなんて!」
と思っていませんか?
食卓エンタでは、間伐のために不要になった木材を使用しているので、豊かな森林を育てるために貢献できる事業なのです。
全国森林組合連合会ロゴ
間伐とは?
全国森林組合連合会サイトへ